果物の効果・効能 か 野菜と果物のお役立ち情報へ戻る

カボスの効果・効能

老化防止・疲労回復

江戸時代には万病に効くとされ、医薬品扱いだったカボス。
カボスにはビタミンCが多く、美肌効果や動脈硬化の予防に良いとされています。

ビタミンEと一緒に取ることで、抗酸化力をアップしたり、動脈硬化の予防や、コレステロールの改善、心臓病や脳卒中の予防になるといわれています。

ビタミンEを多く含むエビやブリと合わせてみるといいですね。

大分県佐伯市では、その名もズバリ『かぼすブリ』を開発し全国へ向けてPRしているようです。

美味しいかぼすブリを食べられるお寿司屋さんなら『幸寿司』さんがオススメ!

爽やかなカボスの風味の新鮮なブリで、ファンの間では人気ブレーク中ですよ!

カートはこちら

食べたい人はこちらをクリック!!

他にも、かぼすのビタミンCと葉酸には、鉄分と一緒に摂ると貧血を防ぐ効果が高まるそうです。

ほうれん草などの鉄分が多い食材とあわせるのはどうでしょうか。

また、酸っぱ味の正体の「クエン酸」には血液サラサラ効果や、疲労回復効果があります。

なんと、カボスにはレモンの2倍のクエン酸が含まれているんです!

ミネラルの吸収を高めるので、カルシウムを多く含む食材(小魚、乳製品)と合わせて、骨や歯の強化、イライラ防止に役立ててみてください。

カボスに含まれる香り成分「リモネン」の鎮静効果と共にリラックスをはかるのもいいですね。

野菜と果物のお役立ち情報

カボスの効果・効能

カボスの栄養成分

カボスの旬、選び方

カボスのレシピ、作り方、食べ方

カボスの保存方法

カボスの豆知識

カボスの歴史