野菜の効果・効能 か 野菜と果物のお役立ち情報へ戻る

キャベツの効果・効能

風邪や感染症の予防・便秘改善・抗ガン作用
大きめの葉2枚で一日の必要接収量をとることが出来るくらいビタミンCが豊富なのがキャベツです。

コラーゲンを作り酸化を防ぐ、風邪や感染症の予防に効果的なのはもう言うことありませんよね?

そして、もう一つ忘れてならないのがビタミンU。

たんぱく質を合成する作用があるアミノ酸の一つですが胃潰瘍や十二指腸潰瘍の予防、胃酸の分泌を抑え肝臓機能の回復に効果が有るとされています。

民間療養として、フランスでは痛風の痛みをとるのにキャベツの葉をアイロン(!)で温めて患部に貼っていたそうです。

ほかにも軽いやけどの応急処置にキャベツの葉のシップをしていたんだとか。

カートはこちら

./swfu/d/s_kabetu140.jpg

野菜と果物のお役立ち情報

キャベツの効果・効能

キャベツの旬、選び方、見分け方

キャベツのレシピ、作り方、食べ方

キャベツの栄養成分

キャベツの保存方法

キャベツの豆知識

キャベツの歴史