旬の逸品 石川トップへ戻る
石川青果トップへ戻る

『甘太くん』がさらにお求めやすい価格になりました!!

※甘太くんの入荷についてのお知らせ
昨年は7月まで入荷があった甘太くんでしたが、今年は4月下旬にて終了するという噂が流れています。もし、注文を検討されている方がいましたら、お早めにお願いいたします!!

価格は日々変動しますのでご注意ください。
もちろん等級は最高級品です!!

サイズ(S)1箱5kg入り¥2,380円(税込)

サイズ(S)1箱5kg入り
数量 

サイズ(M)1箱5kg入り¥2,780円(税込)

サイズ(M)1箱5kg入り
数量 

サイズ(L)1箱5kg入り¥2,780円(税込)

サイズ(L)1箱5kg入り
数量 

*お得意様は『母ちゃん特価』にてご奉仕中!!

『甘太くん』販売開始!!

これぞ焼き芋のためのキングオブさつまいも『甘太くん(かんたくん)』
塩蜜芋、安納芋、シルクスイート、なると金時と甘太くんを食べ比べましたがダントツで『甘太くん』が甘く、後味はさっぱりで美味しく感じました。
この機会に大分特産の『甘太くん』はいかがでしょう?

御予約の前に知っておいてください。

甘太くんは、40日以上の貯蔵庫での保存期間のために、湿度や温度管理が難しい気象条件が続くと、市場出荷直後から急激に傷みが発生するケースがあるようです。
そのため当店では出来るだけ入荷と同時に開梱し、一本ずつ手で触って商品を確認してから当日中に発送して来ました。
それでも中には傷みのあったとのご連絡を頂いたこともありました。

これは糖度が高く甘い商品は概ね似たような問題を抱えているのが青果の難しいところであります。
また、短期間でのご注文の殺到は発注~検品などの作業が煩雑になるためチェック漏れの危険も考えられます。

このような事情を勘案すると次回(平成27年12月~)の販売は事前のご予約のお客様を優先的にさせて頂く方が効率的な上、より早くより確かに商品をお届けできるものと考えます。

また、ご注文は代引きか事前振込みのみとなっておりますのでご了承くださいませ。
(インターネットのセキュリティーが世界的に不安定なのでクレジットカードは取り扱わないように致しました)

お申し込みメールアドレス
info@kudamono8.jp

現在、乾燥クロメや赤紫蘇などのご注文・ご予約で混雑しており、電話での応対が不可能な場合がございますので、出来る限りメールにてご注文ください。
お電話の場合、発送漏れが発生する危険が高いのでご注意下さい。

甘太くんの偽者が横行中!!

『甘太くん』はJA全農さんの登録商標ですが「カンタ君」「かんた」などと紛らわしい表記をして勝手に自社で名づけた「普通の紅はるか」を販売しているお店が横行しているとの情報を得ましたので、皆様にご注意申し上げます。
くれぐれも5kg箱の外側に『甘太くん』の文字が印刷された大分産の物をお買い上げくださいませ。また必ず販売店さんにも間違いがないか確認されてくださいませ。等級においてもA品とB品ではまるで品質が違いますし生産者によっても味の違いが大きいので専門の八百屋さんを通じてのご購入をお勧めいたします。

*「紅はるか」という品種を一定条件下で保存追熟させたものだけが『甘太くん』と呼ばれ、貯蔵所の都合もあるためにいくらでも市場に流通するわけではございません。
特に年末年始などに突然注文頂いてもご予約のお客様から順番にお届けしますのでお受けできない場合もございます
昨年は2月の時点で品切れに近い状態となっておりますので、是非ともご予約をオススメいたします。

ご注文はこちら

高糖度さつまいもの「甘太くん」はテレビの影響でご注文のお電話やメールが殺到しておりますが以下の内容を踏まえてご連絡くださいませ。

住所・氏名・電話番号・サイズ(S/M/L)・箱数・納期・お支払方法(代引きか銀行振り込み)は必須項目です。これら情報がないと発送が出来ませんのでご注意くださいませ。
メール  info@kudamono8.jp
電話   080-6471-5069
担当者直通電話へお願いいたします。

甘太くん(かんたくん)は大分特産!!

これぞ焼き芋のためのキングオブさつまいも『甘太くん(かんたくん)』

品種は「紅はるか」ですが、実は・・・
サイズ比較2S/M/L/2L

4箱までは1梱包の送料にて発送いたします。
全サイズ同額のため複数のご注文の方はその旨をメールかお電話でご連絡ください。

甘太くんが出来るまで!

甘太くんが、『甘太くん』になるまでには実は長く厳しい試練が待っているのです。
大分では、国が育成した「べにはるか」という品種を栽培し、収穫後甘みを増すために一定管理温度のもとで40日以上の貯蔵を行い、全農おおいたを通じて販売したかんしょのみが『甘太くん』を名乗れるのです。

登録商標まで取得した全農大分さんの並々ならぬ力の入れようがこんな所からも伺えるはず!
食感は『安納芋(あんのういも)』と『紅あずま』の中間で、ネットリしているのに食べやすく、手で皮が剥けます。

甘さも、しっかり甘いのですが不思議なことにいつまでも口中に残らない爽やかな後引き!!

先日の品評会では「ここまでされたら甘くて美味しくならないはずがない!!見ているだけでもウットリしてしまいます!」とまで評価いただいたそうです。

これから東京向けに大分ブランドの一つとして大注目の高糖度かんしょの『甘太くん』、目が離せませんね!?
激甘の甘太くんにご満悦の会長の『母ちゃん』
申し訳ございませんが、はっきり言って・・・
「甘いっ!!旨いっ!!」
ネットリした食感なのに口中の後味はスッキリ!!でも激甘!!

焼くのが面倒な方に朗報!!1.5倍甘い『焼き芋甘太くん』!!