シソ(紫蘇)の栄養成分

シソ豆知識

甦りの秘草
紫蘇は古くは縄文時代の遺跡からも出土したと言われており、日本古来の植物だったようです。
この植物が脚光を浴び始めたきっかけは中国の以下のような故事からだと言われております。

シソは漢字で「紫蘇」とかきますよね。
そこで、名前の由来のお話です。

中国、三国時代に1人の少年がいました。
ある日、蟹をむさぼり食べて、ひどい食中毒になり肌の色は紫色になり、死に直面しました。

そこで旅の名医が置いて行った葉を与えたところ、命が蘇ったそうです。

大分では知る人ぞ知る『ちりめんの赤しそ』

黒いほど赤い赤紫蘇ジュース

その葉を「紫蘇」(しそ)と名づけました。

以来、魚や蟹の毒を消すものとして重用されるようになりましたとさ。

今でも民間療法の一つに魚や蟹を食べてジンマシンがでたら、紫蘇の葉を10枚程度食べるというのがあるんだそうですよ。

これとは別にシソを調合して作った紫色の薬を飲ませたところ蘇ったという事で『紫蘇』と言われるようになったとも伝えられています。
果たして真相は?

どちらにしても可愛い少年の命が助かったんですから、良しとしましょうか?ヾ(*´∀`*)ノ

野菜と果物のお役立ち情報

しその効能

シソの旬はいつ?

シソ(紫蘇)のレシピ、作り方、食べ方

シソ(紫蘇)の栄養成分

シソ(紫蘇)の豆知識

シソ(紫蘇)の歴史

放射能に負けない食事のご提案

<その他の紫蘇(しそ)関連項目>

  1. 手作りのしそジュースにレモンを入れて長持ち!
  2. ダイエットの味方『アボカド』!!しそジュース生活と一緒にいかがでしょうか?
  3. アボカドの効能