野菜の効果・効能 か 野菜と果物のお役立ち情報へ戻る

シュンギクの効果・効能

抗ガン作用・老化防止・貧血防止
漢方の世界では「食べるかぜ薬」といわれ、重宝されていたくらい栄養が豊富なんです。

抗酸化作用とガン予防、美肌効果のβ-カロチンはほうれん草や小松菜を上回る含有量なんですね。

ただし、ビタミンCが少なめなので、風邪予防には体を温める作用がある生姜と組み合わせて補充しましょう。

カリウムも豊富で高血圧の予防にも有効ですし、食物繊維便秘の解消にも役立ちます。

また、あの高い香りにはα-ビネン・ベンツアルデヒドという成分が含まれて居ます。

これは自律神経に作用して胃腸の働きを高めたり、痰を切り咳を鎮める効果があります。

このほかにも、乾燥させたものを袋に入れて入浴剤として使うと神経痛や肩こり、冷え性にも効くといわれています。

寒い季節、お風呂の時には暖かい入浴剤でコリをほぐし、リラックスしたいものです。

カートはこちら

./swfu/d/s_syungiku140.jpg

野菜と果物のお役立ち情報

シュンギクの効果・効能

シュンギクの旬、選び方、見分け方

シュンギクのレシピ、作り方、食べ方

シュンギクの栄養成分

シュンギクの保存方法

シュンギクの豆知識

シュンギクの歴史