果物の効果・効能 か 野菜と果物のお役立ち情報へ戻る

日本梨の効果・効能

疲労回復・整腸作用・消化促進・高血圧の予防

梨が本格的に出回る9月頃はまだ残暑も厳しいですね。
日差しやビアホール通いで心身共に疲れが出て来る頃ですね。
夏バテ解消には梨に含まれるアスパラギン酸がやくに立ちます。
しかも、アルコールの排出を促すタンニンという成分も含まれていて、肝臓をサポートしてくれるんですよ。
他にも、内臓の熱を取って、消耗された体内の水分を補う役割を持つカテキンアルブチンも含まれており、古くから薬として使われていたのも納得できますね。

カートはこちら

日本梨が食べたい人はこちら

また、梨のシャキシャキとした食感は「石細胞」と呼ばれるもので、コレステロールの吸着・吸収抑制に効果が期待されています。
ソルビトールは吸収が遅く、吸収されなかった糖分は大腸に到達すると腸内の善玉菌のエサとなって大腸を刺激し、便通を良くするそうです。
ほかにも昔から梨エキスはのどの痛みやセキを鎮め、民間療法としても使われていたそうです。

野菜と果物のお役立ち情報

日本梨の効果・効能

日本梨の旬、選び方

日本梨の栄養成分

日本梨の保存方法

日本梨のレシピ、作り方、食べ方

日本梨の豆知識

日本梨の歴史