鮮魚一覧へ戻る

養殖ヒラメ

養殖ひらめ

鮃(ヒラメ)の説明

ヒラメの豆知識 「養殖だからと侮るなかれ、今は9割が養殖とも・・・」

鮃は「天然」にかぎる、というのは一昔前の話。
実際流通している9割は「養殖」というのが「鮃」。
今は養殖技術は改良が進み、味的には天然を超えるとも言われているんです。
養殖鮃の脂は天然の物に比べて2倍もあるため、「旨味」を強く感じるため、食べた時、「養殖」の方が美味しかったと答える人が多いのです。
理由としては、養殖は天然に桑べ運動量が少なく必然的に脂がのり、結果旨味を感じるということなんだ そうです。

大分では2-4月ごろになると「かぼすひらめ」というのが味が一番のりお勧めです。
餌に1%のかぼす果汁を混ぜる事で透き通った肉厚な身が甘みを増し、かんきつ系に含まれるリモネンの効果でエンガワ、肝臓の臭みが感じられずまた、抗菌作用で鮮度が長持ちするんだそうです。

ヒラメの旬

晩秋から初春。特に冬は脂がのって身がしまり、美味しい時期。
しかし、近年は養殖や輸入も多く、通年通じて美味しいと言われています。

ヒラメの生息分布

樺太千島から香港までの南シナ海に分布。日本近海では全域に分布しています。
北海道、青森が漁獲量としては多いですが、最近は長崎などでの養殖もさかん。

美味しいヒラメの見分け方

  • 身に張りがあり、押してみてしっかりと固いと感じるもの
  • 肉厚なもの
  • えらが鮮やかな紅色のもの

美味しいヒラメのレシピ

たんぱく質を多く含み、アミノ酸が多く、旨味を感じるので、新鮮なものは刺身で。
昆布〆やカルパッチョ。
白身であっさりしているので、ムニエルやポアレ、パイ包み 、フライ、天麩羅、唐揚げなどバターや油との相性もGOOD !